LUA×Y'2 LEATHER(ルア×ワイツーレザー) 別注レザージャケット [ サンプル経年変化:約3週間着用 ]

IMG_6218.JPGIMG_6231.JPGIMG_6237.JPGIMG_6238.JPGIMG_6250.JPGIMG_6251.JPGIMG_6270.JPGIMG_6271.JPGIMG_6282.JPGIMG_6297.JPG

先日、ご紹介してた当店『LUA』と「Y'2 LEATHER」による【 別注レザージャケット 】の2016年モデル!! そのご紹介ページにも記載しておりました、経年変化レポートの第1回目をご紹介したいと思います。当店店長が約3週間、毎日出勤時に頑張って着続けました!

 

今回使用する茶芯エコホース(馬革)は、スレやキズを隠すことなく自然に仕上げた素上げのような素材なので、新品の状態でも非常に馬革本来の表情があるので、初めの段階では経年変化も少し分かりづらいですが、各箇所少しづつ着用によるシワやツヤ感などが表れ始めています。

 

特に分かりやすいのは腕周りで、肘の曲げ伸ばしによるシワ感が見て分かるように。厚みもある革なのでシワの入り方もやや大きく無骨でカッコいいです!! また、この茶芯エコホース(馬革)の特徴の1つであるツヤが浮き上がってくる独得な経年変化による表情も雰囲気抜群です。

 

このモデルをご紹介するご予約受付ページでは、新品の状態を撮影しておりますので、まだ3週間程度の着用ですがその変化を見比べてみて下さい。この経年変化レポートは1ヶ月おきくらいのペースで更新していこうと思いますので、また是非チェックしてみて下さい◎

 

--------------------------------------------------------------------

 

LUA×Y'2 LEATHER 別注レザージャケット [ Lot.5 ] ← ご紹介ページはコチラ
■お電話でのご予約・お問合せはコチラ→(TEL:0564-23-1162
■メールでの
ご予約・お問合せはコチラをクリック→(お問合せフォーム
■店舗にて直接ご予約も可能です。スタッフまでお気軽にお問合せ下さい。
■入荷時期 :
9〜10月入荷予定 ※多少前後する場合がございます。予めご了承下さい。

--------------------------------------------------------------------

2016.06.30 Thursday | 経年変化レポート | comments(0) | trackbacks(0)
LONE WOLF BOOTS "ENGINEER" LW00300 経年変化
LONE WOLF BOOTS ENGINEER LW00300 経年変化
着用年数 約3年 週2〜3回 *オイルアップ前
LONE WOLF BOOTS ENGINEER LW00300 経年変化LONE WOLF BOOTS ENGINEER LW00300 経年変化LONE WOLF BOOTS ENGINEER LW00300 経年変化LONE WOLF BOOTS ENGINEER LW00300 経年変化LONE WOLF BOOTS ENGINEER LW00300 経年変化LONE WOLF BOOTS ENGINEER LW00300 経年変化LONE WOLF BOOTS ENGINEER LW00300 経年変化

LONE WOLF BOOTS ENGINEER LW00300 経年変化
左 After         右 Before
LONE WOLF BOOTS ENGINEER LW00300 経年変化
*オイルアップ後(約2年ぶり)
LONE WOLF BOOTS ENGINEER LW00300 経年変化
使用OIL HUBER'S SHOE GREASE

素材や製法など全てにクオリティーを求め、数少ない日本の熟練職人の手によって作られている東洋エンタープライズ社のブーツブランド「LONE WOLF BOOTS」より、大好評を集める人気モデル“ENGINEER”が再入荷しました!

LONE WOLF BOOTS」の1番人気モデルのエンジニアブーツは、素材にはホーウィン社のクロムエクセルレザーを使用。茶芯のレザーで経年変化が楽しみな1足。オールドスタイルの雰囲気を醸し出すブラス製のバックルは、プレス方式による特注品です。

ソールにはCAT'S PAWのセパレートソールを使用し、40’s〜50’sのヴィンテージのディテールを忠実に再現しています。ヒールには5mm厚の本革底に5mm厚のベンズレザーを4枚を重ねた贅沢な作りとなっています。製法にグッドイヤー製法を採用、製造には熟練した技術と製造設備が不可欠なので、良質のグッドイヤー製法ブーツは必然的に高価になります。


 ゴツ過ぎずややスッキリとしたシルエットで丁度よいボリューム感です。デニムやワークパンツにも相性抜群。Eワイズで甲の高さも十分あるので、甲高な日本人の足にもストレスなく履くことができ、わりと軽く履き心地は抜群です。


LONE WOLF BOOTS
"ENGINEER"
LW00300
LEATHER:HORWEEN Chromexcel Leather
SOLE:CAT'S PAW
CONSTRUCTION:GOODYEAR WELT
¥62790



◎今すぐ欲しい方はコチラをどうぞ!!→【 Lua Shopping 】

 
2016.03.08 Tuesday | 経年変化レポート | comments(0) | trackbacks(0)
LONE WOLF BOOTS "ENGINEER" LW00300 経年変化
LONE WOLF BOOTS   ENGINEER  LW00300  経年変化
着用年数 約1年 週2〜3回 *オイルアップ前
LONE WOLF BOOTS   ENGINEER  LW00300  経年変化
 *オイルアップ後(約1年ぶり)
LONE WOLF BOOTS   ENGINEER  LW00300  経年変化
LONE WOLF BOOTS   ENGINEER  LW00300  経年変化LONE WOLF BOOTS   ENGINEER  LW00300  経年変化LONE WOLF BOOTS   ENGINEER  LW00300  経年変化LONE WOLF BOOTS   ENGINEER  LW00300  経年変化LONE WOLF BOOTS   ENGINEER  LW00300  経年変化LONE WOLF BOOTS   ENGINEER  LW00300  経年変化

素材や製法など全てにクオリティーを求め、数少ない日本の熟練職人の手によって作られている東洋エンタープライズ社のブーツブランド「LONE WOLF BOOTS」より、大好評を集める人気モデル“ENGINEER”が再入荷しました!

LONE WOLF BOOTS」の1番人気モデルのエンジニアブーツは、素材にはホーウィン社のクロムエクセルレザーを使用。茶芯のレザーで経年変化が楽しみな1足。オールドスタイルの雰囲気を醸し出すブラス製のバックルは、プレス方式による特注品です。

ソールにはCAT'S PAWのセパレートソールを使用し、40’s〜50’sのヴィンテージのディテールを忠実に再現しています。ヒールには5mm厚の本革底に5mm厚のベンズレザーを4枚を重ねた贅沢な作りとなっています。製法にグッドイヤー製法を採用、製造には熟練した技術と製造設備が不可欠なので、良質のグッドイヤー製法ブーツは必然的に高価になります。


 

ゴツ過ぎずややスッキリとしたシルエットで丁度よいボリューム感です。デニムやワークパンツにも相性抜群。Eワイズで甲の高さも十分あるので、甲高な日本人の足にもストレスなく履くことができ、わりと軽く履き心地は抜群です。


LONE WOLF BOOTS
"ENGINEER"
LW00300
LEATHER:HORWEEN Chromexcel Leather
SOLE:CAT'S PAW
CONSTRUCTION:GOODYEAR WELT
¥62790



◎今すぐ欲しい方はコチラをどうぞ!!→【 Lua Shopping 】

2014.01.23 Thursday | 経年変化レポート | comments(0) | trackbacks(0)
2013年 秋冬新作アイテム続々入荷中!






















2013.11.08 Friday | 経年変化レポート | comments(0) | trackbacks(0)
ETERNAL 882 (ハンドシェービング) 色落ちサンプル

        約3年着用 882               右 新品 882
ETERNAL 882  色落ちサンプルETERNAL 882
ETERNAL 882  色落ちサンプルETERNAL 882
ETERNAL 882  色落ちサンプルETERNAL 882
ETERNAL 882  色落ちサンプルETERNAL 882
ETERNAL 882  色落ちサンプルETERNAL 882
ETERNAL 882  色落ちサンプルETERNAL 882
職人の手作業によるリアルでクオリティーの高い加工デニムを作り続ける「ETERNAL」。デニムの聖地“岡山県”の中でも最高レベルの限られた職人により1本1本手作業により加工が施され、立体的なヒゲやアタリは、ヴィンテージデニムのような色落ちを実現した【882】。お客様Hさんが約3年程穿きこんではリペアを繰り返しここまで育ちました。加工のシワに持ち主のシワも加わりさらにメリハリのある印象になりました。882の生地はもともと、生orワンウォッシュで色落ちを楽しむ為の良質な生地を使用しているので、ここまでカッコよくなるんです。他ブランドの加工デニムがかすんで見えるほど、クオリティーの高い「ETERNAL」の最上級モデル【882】。シルエットは合わせやすいレギュラーストレート。当店でも最近非常に人気が高く、加工モノはコレしか履けないというファンも多い間違いなしの1本。プライスもそこそこする大人のデニムです。   3万4650円

◎今すぐ欲しい方はコチラをどうぞ!!→【 Lua Shopping 】

2011.08.08 Monday | 経年変化レポート | comments(0) | trackbacks(0)
SAMURAI JEANS S5000VX 17oz [ 零モデル ]  色落ちサンプル

SAMURAI JEANS S5000VX 17oz [ 零モデル ] 色落ちサンプルSAMURAI JEANS S5000VX 17oz [ 零モデル ] 色落ちサンプル
シャープ過ぎないワイルドな雰囲気に刻まれたヒゲのアタリ。フロントボタンによるアタリもしっかり刻まれています。バックポケットにはウォレットによるアタリが付き、擦れによるステッチのほつれも良い感じ。革パッチも飴色に変化しています。
SAMURAI JEANS S5000VX 17oz [ 零モデル ] 色落ちサンプル
均等過ぎない膝のアタリ・色落ちは履いた方にしか出せない表情。カッコいい色落ちのポイントの1つであるサイドのセルビッチ部分のアタリもハッキリと。波打つ膝裏のハチノスのアタリもザラ感ある生地の表情が表れています。
SAMURAI JEANS S5000VX 17oz [ 零モデル ] 色落ちサンプル
ちょい長めに設定された丈により、裾のシワにもハッキリとアタリが。また、裾のパッカリングも雰囲気抜群。セルビッチ部分もデニム地・糸ともに程良く色落ちしており、ロールアップして履くのも良さそうですね。

皆さん、こんにちは。久しぶりに『経年変化レポート』のご紹介です!
今回は1つ前に更新した人気デニムブランド「SAMURAI JEANS」の代表作“S5000VX 17oz [ 零モデル ]”の色落ちサンプルをご紹介します。当店のお客様、Iさんの穿き込み作品です。
穿き込み年数は約2年。仕事の日以外は、ほぼこのデニムを履いていたそう。インディゴを極力落とさないよう、洗濯頻度は約半年に1回。洗濯機・洗剤は使用せず手洗いにて洗浄する拘り。
その拘りによりシワの入りづらい部分にはインディゴが残った、メリハリのある極上の色落ちに仕上がっています。
ザラ感があり硬い糸をテンション緩めで織っている生地なので、いわゆる“点落ち”という色の落ち方はした色落ち部分の生地の表情も魅力的。また、へヴィーオンスデニムならではのシャープ過ぎないワイルドなアタリの付き方も雰囲気抜群です。
他ブランドとはまた一味違った色落ちを楽しめるのが「SAMURAI JEANS」デニムの魅力で、モデルによりその生地感・色落ちも異なるため何本も欲しくなってしまう、1度履くとやめられない非常にファンの多いデニムブランドです。その中でもコチラは代表作とも言うべき定番人気モデルですので、まだ持っていないという方は是非1度お試しを!!

2011.03.29 Tuesday | 経年変化レポート | comments(0) | trackbacks(0)
LONE WOLF BOOTS LoggerBoots 履き込みレポート

LONE WOLF BOOTS LW00125 LoggerBootsLONE WOLF BOOTS LW00125 LoggerBootsLONE WOLF BOOTS LW00125 LoggerBootsLONE WOLF BOOTS LW00125 LoggerBootsLONE WOLF BOOTS LW00125 LoggerBootsLONE WOLF BOOTS LW00125 LoggerBootsLONE WOLF BOOTS LW00125 LoggerBoots
『LONE WOLF BOOTS』 LW00125 LoggerBoots 119)BLKカラーを約2ヶ月くらい履きました。以前にも紹介したことある133)NATURALカラーが履き心地が良くてあまりに気に入った為、色違いで購入してしまいました。(ソールのレザー部分のカラーは本来ブラウンですが、黒く染めてしまいました。)真っ黒にしたことで、白いステッチと、ブラス製のアイレットの金色のアピール度が上がって個人的には気に入ってます。手入れはしておらず、オイルは一度も入れていません。今はこのテカテカ感が気に入っておりますが、表面のブラックが削れブラウンが出てくるのが楽しみです。これからガンガン履き込みたいと思います。
◎今すぐ欲しい方はコチラをどうぞ!!→【 Lua Shopping 】

2009.09.17 Thursday | 経年変化レポート | comments(2) | trackbacks(0)
STUDIO D'ARTISAN 定番ジーンズ[ D1002 ] 色落ちサンプル

STUDIO DARTISAN D1002 色落ちサンプルSTUDIO DARTISAN D1002 色落ちサンプルSTUDIO DARTISAN D1002 色落ちサンプルSTUDIO DARTISAN D1002 色落ちサンプルSTUDIO DARTISAN D1002 色落ちサンプルSTUDIO DARTISAN D1002 色落ちサンプルSTUDIO DARTISAN D1002 色落ちサンプルSTUDIO DARTISAN D1002 色落ちサンプルSTUDIO DARTISAN D1002 色落ちサンプル
  STUDIO D'ARTISAN [ D1002 ]
         
約1年着用

当店のスタッフ、鈴木(自分)の穿き込み作品です。ワークパンツも好きなので、毎日とは言えませんが頑張って履いて、やっとヒゲやハチノスなどのアタリがハッキリしてきました。ワンウォッシュから2回ほど「SAMURAI JEANS」の“雷石鹸”にて洗濯。ケツデカのうえ短足なので、足が長く見える(気がする)やや細めのブーツカット[ D1002 ]をチョイスしました。「STUDIO D'ARTISAN」のブーツカットモデルは裾の広がりがユルめなので、スニーカーでもバランスが良くハマる点がお気に入り。フィット感のあるシルエットなので、ヒゲやハチノスなどのアタリもよりシャープに付いてるように思います。また、このモデルは“左綾”デニムなので、やはり“右綾”デニムよりもタテ落ち感が強いように感じます。色落ちの完成にはまだまだ程遠いので、さらに履き込んでいきたいと思います。

2009.07.15 Wednesday | 経年変化レポート | comments(0) | trackbacks(0)
MOMOTARO JEANS  色落ちレポート
MOMOTARO JEANS 0201 色落ちMOMOTARO JEANS 0201 色落ちMOMOTARO JEANS 0201 色落ちMOMOTARO JEANS 0201 色落ち
MOMOTARO JEANS 0201 色落ち   ももたろうジーンズ 0201
       約1年半着用
当店のお客様、Kさんの作品。ワイルドにカッコよく色落ちしていたので写真を撮らせて頂きました。約1年半、ほぼ毎日着用。月1ペースで水洗いをしたそうです。仕事が写真屋さんということで、立ったり座ったりが多いんでしょうか?ヒゲの色落ち、特にハチノスがくっきりシワが刻まれています。もともとがかなり濃紺デニムなのに全体的にブルーに色落ちし、がんばった感がまったくない、すごく自然に落ちていった感じが、たまらなくカッコイイと思います。
2009.07.02 Thursday | 経年変化レポート | comments(0) | trackbacks(1)
ももたろうジーンズ 色落ちレポート
0705SP 色落ちサンプル0705SP 色落ちサンプル0705SP 色落ちサンプル0705SP 色落ちサンプル0705SP 色落ちサンプル0705SP 色落ちサンプル
ももたろうジーンズ 0705SP 約9ヶ月間着用
「MOMOTARO JEANS」の当店の営業担当、田淵さんの穿き込み作品です。当たり前に毎日着用するので約9ヶ月でこの色落ち。ももたろうジーンズの中でも人気の0705SP・タイトストレート。ジンバブエコットンを使用し、15.7ozですがしなやかな穿き心地。ザラ感が少ないわりにヒゲ、蜂の巣など、はっきりとアタリが付いています。月一ペースで洗いをかけたらしいので、綺麗に色落ちしていますね。
0901 色落ちサンプル0901 色落ちサンプル0901 色落ちサンプル0901 色落ちサンプル0901 色落ちサンプル0901 色落ちサンプル
ももたろうジーンズ 0901 約半年着用
こちらも「MOMOTARO JEANS」の田淵さんの作品。やはり毎日着用、なんと半年でこの色落ち。シルエットは太めのクラシックストレート。上のモデルは防縮加工された生地(生地の段階で、洗い、プレス、を掛け縮めた後に縫い上げる。プレスにより生地の表面の凹凸がやや潰れ、ザラ感がややなくなる。)を使用。こちらの生地は未防縮(生のデニムを縫い上げ、ジーパンになった後に洗って縮める。ザラ感が強く、アタリが出やすい。)なので、ややワイルドな感じになっていきそうな気配があります。太めの為アタリの出方がやはり違いが出ています。こちらも月一ペースで洗うそうなので綺麗な感じ。あまり洗わずにちょっと汚い感じに汚れながら色落ちしていくとカッコよくなっていきそうですね。
2009.05.16 Saturday | 経年変化レポート | comments(4) | trackbacks(0)
| トップへ戻る | >>