WHEEL ROBE(ウィールローブ) 15066C コードバンプレーントゥブラッチャーオックスフォードシューズ CORDOVAN PLAIN TOE BLUCHER [ Last #314 ] [ OIL CORDOVAN ]

IMG_5196.JPGIMG_5197.JPGIMG_5198.JPGIMG_5206.JPGIMG_5223.JPGIMG_5230.JPGIMG_5273.JPGIMG_5290.JPGIMG_5303.JPGIMG_5313.JPGIMG_5331.JPGIMG_.JPG

・15066C CORDOVAN PLAIN TOE BLUCHER [ Last #314 ] [ OIL CORDOVAN ]81000円

普遍的なデザイン、伝統的なディテールに拘りながら素材・製法に妥協せず存在感のある靴を生み出すブランド「WHEEL ROBE」より、新作モデル“CORDOVAN PLAIN TOE BLUCHER [ Last #314 ] [ OIL CORDOVAN ]”をご紹介!

デザインは1940年代の“U.S.NAVY”サービスシューズの木型をベースに、日本人の足型に合わせて改良したラストをベースに製作されたプレーントゥオックスフォードシューズ。つま先から土踏まず部分は程良くシェイプさせ、踵部分は小さめのアーチ型の形状にすることで踵が浮きにくくなるよう仕上げています。

兵庫県姫路市の日本唯一のコードバンタンナー新喜皮革」で鞣された素上げ状態のコードバンを、千葉県流山市にあるコードバンの加工に特化した工場で染色を施したオリジナルコードバンを使用。日本で鞣されるコードバンは、オイルの含有量が少ないものが多いですが、 職人が一枚一枚丁寧に手作業で染色しオイル加工を施しています。

 

また、芯まで染めると革の繊維を破壊してしまい、強度が落ちてしまうため革の表面のみ染色を施す、丘染めにて仕上げられています。これは非常に手間や技術がいる作業で、コードバンは林立した繊維質で染料が中まで染み込みやすいため、 染色加工は非常に難しく、日本の技術の高さも感じさせてくれます。

数少ない日本の靴職人の手によって作られており、縫製や仕上げ等も非常に丁寧で綺麗な仕上がり。アッパーレザーは丹念に磨き上げられており、カジュアルからジャケットスタイルまで様々なコーディネートに合わせられる絶妙な雰囲気に。柔軟性に富んだ足馴染みの良いコードバンならではの極上な経年変化も楽しみな1足です。

2015年誕生となる新しいブランドですが、アメカジに限らず様々なジャンルのファッションからも注目を集め、既に全国各地で取扱いショップ増加中!! コアなアメカジファンの方も納得の作りで、当店も顧客さんを中心に好評を集めています。間違いなくオススメです◎

WHEEL ROBE(ウィールローブ)」 
普遍的なデザイン、伝統的なディテールに拘りながら素材・製法に妥協せず作ることで存在感のある靴を生み出し、履いていくことで様々な表情が生まれ完成されるのが靴であるという考えから、履き心地、歩きやすさに大きな影響を与える木型(ラスト)にも拘り、国内の皮革製品の産地として名高い、東京・浅草にて生産を行うフットウエアブランド。

◎今すぐ欲しい方はコチラをどうぞ!!→【 Lua Shopping 】

 

 


当店『Lua(ルア)』も遂に【 Instagram(インスタグラム)】始めました!! 新作アイテムをはじめ、このブログとは違う感じで、日々写真を投稿してますので、是非チェックしてみて下さい◎(※左のロゴをクリックしてご覧下さい)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL