SKOOB,(スクーブ) SKB-009 エンジニアブーツ [ WANDER ]

IMG_8084.JPGIMG_8096.JPGIMG_8125.JPGIMG_8172.JPGIMG_8134.JPGIMG_8135.JPGIMG_812611.JPGIMG_81481.JPGIMG_19271.JPGIMG_9483.JPG

skb-009-01.jpg

SKB-009 Lua別注ホースバットエンジニアブーツ [ WANDER ] [ HORSE BUTT ] 68000円(税別)

 

新規取扱いとなるNEWブランド「 SKOOB,(スクーブ)」より、新作モデル“Lua別注ホースバットエンジニアブーツ [ WANDER ] [ HORSE BUTT ]”をご紹介!

「 SKOOB,(スクーブ)」
色々な某アメカジブランドなどのブーツなどを生産する職人側が2017年に立ち上げたファクトリーブランド「 SKOOB,(スクーブ)」。普遍的なデザイン、伝統的なディテールに拘りながら素材・製法に妥協せず、ファクトリーブランドならではの細かなディテールや、遊び心ある素材を取り入れ、自由な発想でオリジナリティーの高い製品を世に送り出す注目のブランド。穿き心地、歩きやすさに大きな影響を与える木型(ラスト)にも拘り、国内の皮革製品の産地として名高い、東京・浅草にて生産を行うフットウエアブランド。

デザインはアメカジの定番アイテムの“エンジニアブーツ”タイプ。デザインは30年〜40年代のヴィンテージワークブーツに見られるハーフラバーソール仕様を採用した、オールドスタイルのエンジニアブーツになります。トゥの高さが低めで、無骨ながらもクラシカルな雰囲気漂うシャープなシルエットも魅力です。

素材にはホースバット(HORSE BUTT)を使用。馬の臀部から腰ににかけての引き締まった部位の革で、馬の臀部といえばコードバンが高価で有名ですが、これはコードバン規格(サイズやその他)から外れた物になります。革の繊維が締まりきめ細かく、特有の艶感が魅力で、硬く厚手でしっかりと履いた人のシワを刻んでくれます。さらに茶芯のブラックに仕上げられ、魅力的な経年変化が期待できます。

製法には熟練した技術と製造設備が不可欠で、ソール交換などにも対応しやすいグッドイヤーウェルト製法を採用するなど、細部まで拘り抜かれた非常にクオリティーの高い1足に仕上がっています。また、甲高な方でもストレスなく履ける日本人の足にあったシルエットの良さも魅力です。

 

通常モデルは鉄製のローラーバックル仕様ですが、今回別注でゴールドのローラーバックル(真鍮製)にて製作して頂きました。

ヒール部分のソールには「CAT'S PAW (キャッツポウ)」製ソール。トゥ側にはレトロ感漂う「BILTRITE (ビルトライト)」製NEOPRENE ハーフソールを採用。全体のクラッシックな雰囲気とマッチングした抜け目無い仕様です。

数少ない日本の靴職人の手によって作られており、縫製や仕上げ等も非常に丁寧で綺麗な仕上がり。アッパーレザーのホースバット(HORSE BUTT)はベーシックで使いやすさは抜群で、10年、20年と末永く愛用できる相棒になってくれると思います。当店店長も愛用中で下地のブラウンが少しずつ顔を出し始めています。ホースバット(HORSE BUTT)のエンジニアブーツとしては、ファクトリーブランドだから出来る、価格も相場の1万円ほど安く設定されていますので、おすすめです。

<< PRODUCT DETAIL >>
ホースバットレザー
ソール(ビルトライトハーフラバー&キャッツポウヒール)

バックル(真鍮製ローラーバックル)
グッドイヤーウェルト製法

IMG_1847.JPGIMG_1855.JPGIMG_187311.JPGIMG_19101.JPGIMG_1884.JPGIMG_1900.JPGIMG_1883.JPGIMG_19111.JPGIMG_19271.JPGIMG_9476.JPGIMG_1934.JPG

SKB-009 バイソンレザーエンジニアブーツ [ WANDER ] [ BISON ] 68000円(税別)

 

新規取扱いとなるNEWブランド「 SKOOB,(スクーブ)」より、新作モデル“バイソンレザーエンジニアブーツ [ WANDER ] [ BISON ]”をご紹介!

「 SKOOB,(スクーブ)」
色々な某アメカジブランドなどのブーツなどを生産する職人側が2017年に立ち上げたファクトリーブランド「 SKOOB,(スクーブ)」。普遍的なデザイン、伝統的なディテールに拘りながら素材・製法に妥協せず、ファクトリーブランドならではの細かなディテールや、遊び心ある素材を取り入れ、自由な発想でオリジナリティーの高い製品を世に送り出す注目のブランド。穿き心地、歩きやすさに大きな影響を与える木型(ラスト)にも拘り、国内の皮革製品の産地として名高い、東京・浅草にて生産を行うフットウエアブランド。

デザインはアメカジの定番アイテムの“エンジニアブーツ”タイプ。デザインは30年〜40年代のヴィンテージワークブーツに見られるハーフラバーソール仕様を採用した、オールドスタイルのエンジニアブーツになります。トゥの高さが低めで、無骨ながらもクラシカルな雰囲気漂うシャープなシルエットも魅力です。

素材にはクロムエクセルレザーでお馴染み「HORWEEN」社製のバイソンレザーを使用。荒々しいシボが印象的で、厚みは有りますが、オイルを多く含んだレザーは見た目より柔らかく、穿き込むことにより自分の足型に変化していきます。

製法には熟練した技術と製造設備が不可欠で、ソール交換などにも対応しやすいグッドイヤーウェルト製法を採用するなど、細部まで拘り抜かれた非常にクオリティーの高い1足に仕上がっています。また、甲高な方でもストレスなく履ける日本人の足にあったシルエットの良さも魅力です。

 

ヒール部分のソールには「CAT'S PAW (キャッツポウ)」製ソール。トゥ側にはレトロ感漂う「BILTRITE (ビルトライト)」製NEOPRENE ハーフソールを採用。全体のクラッシックな雰囲気とマッチングした抜け目無い仕様です。

数少ない日本の靴職人の手によって作られており、縫製や仕上げ等も非常に丁寧で綺麗な仕上がり。アッパーレザーのバイソンレザーはインパクト抜群!色々なブランドから発売されるエンジニアブーツはアメカジ好きなら持っている方も多いですが、なかなかバイソンレザーのエンジニアブーツは見たことが無いと思います。人とかぶるのが嫌な方、定番のエンジニアは持っている方にお勧めしたいエンジニアブーツです。

<< PRODUCT DETAIL >>
ホーウィン社製バイソンレザー
ソール(ビルトライトハーフラバー&キャッツポウヒール)

バックル(真鍮製ローラーバックル)
グッドイヤーウェルト製法
 

◎詳しくはコチラからどうぞ!!→【 Lua Shopping 】

 


当店『Lua(ルア)』も遂に【 Instagram(インスタグラム)】始めました!! 新作アイテムをはじめ、このブログとは違う感じで、日々写真を投稿してますので、是非チェックしてみて下さい◎(※左のロゴをクリックしてご覧下さい)

 

 

*Instagram Lua_official

*Instagram Lua_inuzuka  Staff犬塚

 

ib-01sp0001.jpg

『LUA』と人気レザーブランド「Y'2 LEATHER」による”別注モデル”第2弾【 インディゴホースエンジニアブーツ 】のサンプルが完成しました!"Lua"と"Y'2 LEATHER Company Store"2店舗だけで販売される超限定アイテム。予約受付スタートです!

詳しくはこちら→ 別注インディゴホースエンジニアブーツ

 

IMG_3541.JPG

毎モデル大好評を集める当店『LUA』と人気レザーブランド「Y'2 LEATHER」による【 別注レザージャケット 】の2018年モデルのサンプルが遂に仕上がりました!総合レザーメーカーならではのクオリティーの高いレザーと様々な拘りの仕様を詰め込んだ当店だけの超限定モデルの予約受け付けスタートです!!

 

詳しくはこちらから→ 【 LUA×Y'2 LEATHER(ルア×ワイツーレザー) 】 ルア別注インディゴホースGジャン ( 3rd Type ) [ インデイゴホース(馬革) ] [ Lot.8 ] [ IB-139 SP ] 【 限定モデル 】125000円(税別)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL