SKOOB,(スクーブ) SKB-003 インファントリーブーツ [ INFANTRY BOOT ]

IMG_5919.JPGIMG_59301.JPGIMG_5947.JPGIMG_5957.JPGIMG_5974.JPGIMG_598311.JPGIMG_5998.JPGIMG_6013.JPGIMG_1107.JPGIMG_5758.JPG

SKB-003 インファントリーブーツ [ INFANTRY BOOT ] [ HORWEEN BACKSKIN BLACK ] 50000円(税別)

 

新規取扱いとなるNEWブランド「 SKOOB,(スクーブ)」より、“インファントリーブーツ [ INFANTRY BOOT ] [ HORWEEN BACKSKIN BLACK ]”をご紹介!

「 SKOOB,(スクーブ)」
色々な某アメカジブランドなどのブーツなどを生産する職人側が2017年に立ち上げたファクトリーブランド「 SKOOB,(スクーブ)」。普遍的なデザイン、伝統的なディテールに拘りながら素材・製法に妥協せず、ファクトリーブランドならではの細かなディテールや、遊び心ある素材を取り入れ、自由な発想でオリジナリティーの高い製品を世に送り出す注目のブランド。穿き心地、歩きやすさに大きな影響を与える木型(ラスト)にも拘り、国内の皮革製品の産地として名高い、東京・浅草にて生産を行うフットウエアブランド。

デザインはミリタリーブーツの定番アイテムの「 M-43 」をベースに製作した“ワークブーツ”になります。映画『大脱走』でスティーブ・マックイーンが履いていた事でも非常に有名なブーツ。通称『TYPEIII』とも呼ばれる第二次世界大戦中、米軍の陸軍にて採用されていた“SERVICE SHOES M-43”。

素材にはクロムエクセルレザーが有名な「HORWEEN」社製のカウハイドを使用。オイルをたっぷりと染み込ませ、スエード面(裏面)に染色を施した珍しいレザーを使用。銀面よりも傷が目立ちにくい特徴を持ち、スエードでありながら水に強く、オイルを入れることができます。

製法には熟練した技術と製造設備が不可欠で、ソール交換などにも対応しやすいグッドイヤーウェルト製法を採用するなど、細部まで拘り抜かれた非常にクオリティーの高い1足に仕上がっています。また、甲高な方でもストレスなく履ける日本人の足にあったシルエットの良さも魅力です。

塗装されたアイレットやコットン製の平ひもなど"M-43"のミリタリーブーツの渋いディテール。アウトソールには軽くクッション性の高い「QUABAUG (カバーク)」社の#1010ボブソールを使用し堅牢でありながら快適な穿き心地を実現したの拘りの仕様。

数少ない日本の靴職人の手によって作られており、縫製や仕上げ等も非常に丁寧で綺麗な仕上がり。ミリタリースタイルやワークスタイルなどのコーディネートによく合いそうです。

<< PRODUCT DETAIL >>
ホーウィンスエード
ソール(カバークボブソール#1010)
グッドイヤーウェルト製法

※サイズ感は普通なので、普段通りのサイズがオススメです。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL