BUZZ RICKSON'S(バズリクソンズ)  BR14132  ASTRONAUT L-2B [ LAND MFG. CO. ]

BR14132-01.JPGBR14132-02.JPGBR14132-03.JPGBR14132-04.JPGBR14132-05.JPGBR14132-06.JPGBR14132-07.JPGBR14132-08.JPGBR14132-09.JPGBR14132-010.JPGBR14132-011.JPGBR14132-012.JPG

 

BR14132 ASTRONAUT L-2B [ LAND MFG. CO. ] 45000円(税別)

 

フライトジャケットを究極なまでに再現したブランド「BUZZ RICKSON'S」より、今期展示会にて最も注目を集めた話題作、ライトゾーン用フライトジャケット“ASTRONAUT L-2B [ LAND MFG. CO. ]”をご紹介!

 

軽量でありながら鋼のような強度を誇るナイロンの登場は、当時非常に画期的であり、フライトジャケットが成熟期を迎える幕開けであった。1958年になると、米国は政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関でNASA(National Aeronautics and Space Administration)を設立。より速く、より遠く、より高く舞い上げる人類の果てしない夢と飽くなき探究心は、いつしか大気圏を飛び越え、人類は今までとは全く違う空と遭遇することになった。現在までの宇宙開発はアポロ計画における人類初の月面着陸、スカイラブ計画における長期宇宙滞在、さらに宇宙往還機スペースシャトルなどを実現してきた。宇宙飛行士が纏う宇宙服には厳格な規定色は存在しなかったが、軍規定色とは一線を画すことと、そして空をイメージする色としてスカイ・ブルーを採用したことは想像に難くない。宇宙開発とともに宇宙服も進化を遂げてきたが、このジャケットは宇宙服の序曲的存在であり、人類の夢が凝縮された記念すべき一着なのである。

 

米国航空博物館に展示してあるそれは珍しい"スカイ・ブルーのL-2B"でした。資料をもとにNASAの飛行士たちが着ていたであろうスカイ・ブルーのL-2B を BuzzRickson'sのクオリティで再現いたしました。


表地にはミルスペック“L-2”と同様に3/1 ヘビーナイロンツイル生地を採用。ライニングにはウール50%・ナイロン50%ダブルフェイス生地を使用。袖には輪編みウールニットリブを採用。左肩にはジッパー付きペンポケットを搭載。また、両サイドにはフラップ&スナップボタン仕様のスラッシュポケットを搭載。

その他、ファスナー横のボックスタグや開閉がスムーズな「CROWN」社製のスプリングカムロック式ジッパー、ジッパー下部のフラップ、MIL規格ブラス製ボタンの採用、ランド社の実名復刻ラベルなど、当時の仕様を細部まで忠実に再現した間違いない仕上がり。

以前資料をもとに製作された"赤いMA-1"が発売されアッと言う間の完売となりましたが、それに匹敵するレアモデルだと思います。オリジナルが実在するからこそ作る意味があり、希少価値の高いアイテム。フライトジャケットの中でもライトゾーン用のL-2シリーズは着回しの便利さから近年人気を集めています。数年後には価値が上がり、探す人が増えるかもしれない可能性を秘めた“ASTRONAUT L-2B [ LAND MFG. CO. ]”狙っていた方や気になってた方は是非お早めにどうぞ◎

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL